11月 2, 2021

uniFi+で統合図書館コミュニケーションをグローバルに展開

Bibliothecaは、2019年にスカンジナビアで最初にリリースされた統合情報配信プラットフォームであるuniFi+ が、世界中の図書館で利用できるようになったことを発表しました。

従来のデジタルサイネージとは異なり、uniFi+は、公共のPC、BibliothecaのselfCheckやremoteLocker、その他のソリューションと統合する独自のシステムで、図書館の内外でコミュニケーションを充実させます。図書館での導入向けに開発されたuniFi+では、コンテンツを複数の分館にまたがってさまざまな画面に配信でき、さらに、特定の分館のユーザーに向けて特別なコンテンツを追加することもできます。

「図書館のコミュニケーションは非常に重要ながらも、長年改善するのが困難でした。」と、Bibliotheca最高プロダクト責任者のOliver Martinは述べています。「uniFi+は、図書館全体で情報、リソース、重要なコミュニケーションを共有できる簡単で魅力的な方法を図書館に提供することにより、この問題を解決します。利用者のチェックアウト時に配信したり、建物全体にウェイファインディング(案内)ステーションを提供したりと、uniFi+により、図書館は状況に応じて利用者に合ったメッセージを配信できます。」

uniFi+は、図書館のアンケート、クイズ、教育ステーション向けにビデオ、ウェイファインディング、インタラクティブなディスプレイなどのさまざまなコンテンツをサポートしています。コンテンツは、オンラインプラットフォームから簡単に変更、スケジュール設定、配布が可能です。カスタマイズ可能なテンプレートも用意されているため、忙しい図書館スタッフもコミュニケーションコンテンツを数分で作成・配信できます。

「スカンディナビアでは以前より使用されているこの技術を世界に展開できることは光栄です。」と、Martinは述べています。「図書館の役割は急速に進化しており、日常の喧騒を忘れられる魅力的な空間とコミュニケーションの制作が求められています。uniFi+には、図書館がこうした目標を実現できるようBibliothecaによる新たな取り組みが表れています。」

Bibliothecaについて

Bibliothecaは、世界中の図書館の維持と成長とサポートする革新的なテクノロジーと図書館管理ソリューションの開発に注力しています。Bibliothecaは、統合されたテクノロジーを使い、様々な場所(自宅、移動中、館内)にいる多様な人々を励まし、喜びを与える図書館の機能のしかたを再考します。

Bibliothecaは、ウェブや実際の図書館体験を継ぎ目のない、直感的でインクルーシブなものにするため、22か国で400人の従業員を雇用し、 30,000件の図書館と提携しています。

このプレスリリースの詳細は、下記へお問い合わせください。
press@bibliotheca.com.

icon-open-book

こちらもお好きでしょうか?

ニュース&プレスリリース