サービス+サポート

専用のサービスとサポートによるライブラリの支援

icon-open-book

サポートリソース

当社の業界最高水準のサービスプランにより、個別化されたサポートと共にエキスパートによる修理およびメンテナンスを受けることができ、図書館利用者の不便さを最小限に抑えます。

サポートの連絡先の詳細

North + South America
Europe - Middle east + Africa
Asia pacific
icon-open-book

RFID tags - よくあるご質問

これらの新しいタグは、当社と世界のRFIDシリコンメーカーとの緊密な関係の結果誕生したものです。エネルギー効率を改善し、より長距離でも作動し、これまで以上に図書館の機器の反応性を高めるべく改善を重ねたことで実現しました。従来のタグと同じ外見を維持し、取扱いや適用方法がこれまでと変わらないようにしました。

bibliothecaの各RFID製品(キオスク、AMH、ゲート等)にはタグと最低レベルで通信を行い、情報を送受信するためのRFIDリーダーが内蔵されています。新機能(上記参照)は根本的なプロトコルに変更を加えているため、新しいタグと正常に通信を行うためにもこれらのリーダーのソフトウェア(ファームウェア)を更新して頂く必要があります。

 

残念ながら、機器のリーダーが更新されていない場合、いくつかの機器(年齢による)は新しいタグを読み取らないことがあります。これは明らかに図書館内で問題を引き起こします。

最もシンプルなテスト方法は、新しいタグの一つでテストして通常通りに稼動するかどうかを確認することです。キオスクの場合は、アイテムの返却および貸し出しを行い、ソフトウェアが取引が正常に完了したことをレポートすることを確認して下さい。スタッフステーションの場合は、新しいタグの一つをプログラムし、セキュリティを有効化して下さい。最後にセキュリティが有効化されたタグをゲートでテストし、検出されることを確認して下さい。

いいえ、これはとてもシンプルな手続きですので、コンピュータを使える図書館スタッフなら誰でも実行することができます。アップグレード手続きの完全な詳細については、現地のヘルプデスクスタッフまでお問い合わせ下さい。その他の問題や装置の導入等に伴いエンジニアの手配を検討されている場合は、お伺いの際にアップデートもお手伝い致します。

ハードウェア、ソフトウェアサービスおよびサポート

e: support-ja@bibliotheca.com